3千年前にダビデ王が啓示されたDNA理論が現代医学と一致

 

この像はご存知だと思います。ミケランジェロのダビデ像です。没落した王家の末裔です。上に7人の兄弟がいる末っ子です。

 

この像のごとく・・容姿が美しい羊飼いの若者でした。紀元前1000年前のイスラエルの王です。ピンと来ない方もいるとおもます。

 

クリスマスツリーは、ダビデのお父さんであるエッサイからなる家系図を示しているので、クリスマスはこのダビデのいる家系を敬う

意味で、クリスマス・ツリーを飾ります。

ダビデ王は、旧約聖書の中に「詩篇」というものを書き残しており、それが今日のDNA理論ととても合致しているので紹介致します。

体外受精で、採卵した後の人がいると思います。そして翌日の受精確認の電話にドキドキし、そして三日目の分割確認でグレード評価に

最大の関心を寄せている人向けに書いています。

 

いきなり、旧約聖書の「詩篇」の話をする前に、現代の医学を少し触れておきます。

 

 

  受精確認で「正常受精」となるのは、Day1の2PN(前核が2つ)みえること。そしてそして上に極体が2個放出されていること。

  前核はPNと表現されます。 イラストでも書いていますが

  2つの前核(卵子経由と精子経由)の前核が融合して前核が消滅すると見えなくなるので、それが0PNです。

  この時に受精したのか?前核そのものが形成されなかったのか?わからない時は、受精確認の時に「まだわかりません」と言われて

  翌日に持ち込まれるのですが、その体験がある方も少なくないと思います。

 

  少し、また絵で説明します。

  採卵をして少し時間がたって成熟卵の確認がとれた図(下図の左)

  そして、受精が確認されたのが(下図の右)。

  特に、ポイントになるのが、第二極体の放出です。 これがみえると精子が侵入して卵活性化がおこなれた「印」です。

  このあとに、2つの前核が一つに融合して一つになり、そして消滅し新たなるDNAが生まれる瞬間になります。

 

  卵子も精子も減数分裂をして染色体が半分の状態で受精ステージにあがってくるので、あたらしい生命が生まれた時のDNAは

  もとの数に戻ります。

 

 

DNAの図

  左のブルーの絵が染色体です。

 

  この中にDNAが綺麗に折り畳まれています。神技のように綺麗に折り畳まれ

 

  エラーが出た時も、綺麗に修復機構が働いてあなたも、私も生まれてきました。

 

  人知を超えた神様の設計図です。

 

                      ここで用語を説明をします。染色体・ヒストン(糸巻き)・DNA・そして遺伝子の

 

                      区別が以下の絵が簡単にわかると思います。

細胞の中にある染色体(綺麗に折り畳まれている)を解くと、約2mの糸になります。それがDNAです。そのDNAの中に遺伝子の階段が

 

綺麗にミスを修復しながら作られています。DNAはイラストのように二重らせん構造になっています。

 

その中に階段(4つの塩基)あります。

 

これが人間の設計図です。

 

直感的に理解してほしいので、こう考えてみてください。皆様が持ち歩いているPCのUSBフォルダーで説明します。

 

    染色体  >  ヒストン  > DNA  >  遺伝子

    ______                ________           _______            ________

 

   USBホルダー    階層   フォルダー  データ(音楽でもなんでも)

 

つまり、遺伝子情報が書き込まれている訳です。

 

   具体的には、ヒストンと呼ばれる糸巻きに、DNAが糸のように巻き付いているのでで、たくさんのヒストン!糸巻きがあります。

   ヒストンを外れたり、位置がずれたりしてDNAの二重らせんがほどかれて遺伝子情報が読み取れてタンパク質がつくられてゆく。

   この遺伝子転写のスイッチのON・OFFが細胞の死に直結する訳です。

 

   採卵後の培養成績ならば・・スイッチが切れると細胞死として胚(受精卵)分割が停止になってしまうことになります。

   逆に、緻密な設計図の修復機構がしっかりとうごいていくと胚盤胞になります。

 

   途中で一番大切なコンパクション(=細胞の分化)を経て胚盤胞になるかどうか?きまります。

 

 

 

ー 用語説明 ー

 

☑ 遺伝: 親の形質が”子”に伝わること

 

☑ 遺伝情報: 遺伝によって”親”から”子”に伝わる情報

 

☑ 遺伝子: 親から子へ伝わる形質の情報   例)血液型、髪の毛の色、顔

 

☑ 染色体: DNAとタンパク質の結合した構造物(いれもの)

       ビロロ~んと伸びるDNAをコンパクトにまとめるために、要所要所に糸巻きである「ヒストン」というものに巻き付けて

       生理整頓してある。

 

☑ DNA: 遺伝子の本体(遺伝情報を伝える物質)で、核酸の一種

 

☑ 核:  一つの細胞の中心にある細胞小器官で、この中に二重らせん構造のDNAからなるその細胞の”ゲノム”が含まれる。

 

☑ 核酸: 生命の遺伝物質であるDNAとRNAを構成する化学物質。 核酸はすべて、二重らせん構造の鎖状につながった

      多数のヌクレオチドから出来ている。

 

☑ 塩基: 上のイラストでは”階段”と表現したもので、核酸の構成要素であるA(アデニン)、T(チミン)、C(シトシン)

      U(ウラシル)、G(ガアニン)から、4つ選ばれてDNAや、RNAを構成する。

 

      


旧約聖書の詩篇でのダビデ王の記述

旧約聖書 「詩篇 139の13節」  指揮者によって。ダビデの詩。賛歌。

 

あなた(神)は、わたしの内蔵を造り、

母の胎内の私を組み立ててくださった

わたしはあなたに感謝をささげる・・

  ・・・・

 

秘められたところでわたしは造られ、

深い地の底(=母親の子宮のこと)で織りなさられた。

 

あなたには、わたしの骨も隠されてはいない。

胎児であったわたしをあなたの目は見ておられた。

わたしの日々はあなたの書(DNAのこと)に全て記されている

まだその一日も造られていないうちから(2分割のこと)。

 

 

ー 解説 ー

 

① 「私たちはお母さんの子宮の中でしくまれた」 → ラカムの意味

 

文章の2段目には「母の胎内の私を組み立てくださった」とかなり日本語の聖書において意訳がはいっています。

聖書はヘブライ語で書かれているので、ダビデ王の時代は今から3000年前、その原文の直訳は

「私たちはお母さんの子宮の中でしくまれた」と書かれている。

 

 

ヘブライ語で「ラカム」という言葉で表されていました。

旧約聖書全体で8回でてくるのですが、この記述のみ1回限りにおいて「しくまれる」という表現になっています。

その残り7回は全く別の翻訳がついており「撚り糸(よりいと)による刺繍」と書いてあります。

 

 

左のイラストのように撚り糸(よりいと)によって

刺繍をすることを本来「ラカム」と表現します。

 

二本の糸を、くゆらせて「こより」状にして

一本の糸にしてゆくことです。

 

二本の糸をねじって、くゆらせて

2重らせん構造にしてゆくのです。

 

 

 

 

 

 

   これはDNAに遺伝子情報を書き込んだのが「指揮者」である神であると胎内記憶を話していることになります。

   二重らせん構造・・より糸のように仕組まれてゆく結果、そこで私(ダビデ)はDNAが出来上がったという詩です。

 

   考えてみれば、3000年後の生殖医療の話とか知るわけもないです。神への賛美のみであり

   自分のカラダは神の芸術作品としてつくれてことに感謝している詩です。

 

 わたしの日々はあなたの書(DNAのこと)に全て記されている

     まだその一日も造られていないうちから(2分割のこと)。

 

  前核が消滅してから、ドンと2CELL(2分割)がはじまります。

  その発現時間のことを示しています。

  胚(受精卵)の発生スピードの国際基準で「イスタンブール・コンセンサス」というのがあるのですが、

  2分割の時間は26±1hです。

  だいたい25時間以内に2分割に分割していると良好胚となる確率が高いのですが

 

  ダビデの詩では1日も作れていないうちに2分割になり、その少し前(前核の消滅)から

  神の書であるDNAに、すべて(遺伝子情報)が記されていると書かれていることになります。

    


ー 盲点 ー

 

ここまで読んでくださった方へ・・ 

 

遺伝子は、ヒトの全DNAの2%に過ぎないということを覚えておいて欲しいです。

 

遺伝子の研究はここ50年間で、うまくマスコミに載せられて遺伝子を遺伝子形態のUSBホルダーとして祭り上げてきました。

うまくドグマ(=教義)を形成してきました。

それによって、遺伝子が神の青写真であると考えが広まってしまいました。

 

最近になってゲノムの見えにくい部分を、つまり今までのドグマでは説明しきれない部分の原因を突き止めようという研究が進みました

エピ・ジェネティクスです。体外受精でICSIのことで、このエピ・ジェネティクスのことを聞いたことがある方もいると思います。

それは、また後日書きたいと思います。

 

全DNAを解明できた!と人間のおごりがここにあるように思えます。創造主(ダーウィンの進化論ではかき消された存在)の青写真は

まだ深海のように深く深く広がっているということです。 2%!この数字を覚えておいてください。

残りの深い海は98%もあります。