エストラーナテープ〈HRT〉、下りのエスカレーター

副題: オートマチックなHRT(ホルモン周期)だからこその難しさがある。

 

 エストラーナ・テープを使った彼女たちの声を聞いてみましょう。 皆さんがBT5(胚盤胞移植後 5日目※)待ちの5人です。

     

          ※移植後、β-hCGがほぼ正確にでてきフライングの誘惑に駆られる頃                    

 

     「テープ!かゆい・・・ かゆすぎる・・・内服に変えてもらったら吸収の効果落ちるのかな?」 

 

     「あ、貼り方を間違えちゃった・・・補充って足りるのかな?」 

 

     「うちのクリニックではたくさん貼らせるからもう貼るところがない、なんで皮膚から吸収できるだろう?」

 

     「ホルモン周期で楽だと・・言われたのに 移植前の内診採血でE2が上がらない  また移植キャンセルだ」

 

     「え? 私は、E2が上がりすぎる。それが心配・・他の人のE2どの位なんだろう?」 

 

     「エストラーナに、マジックで落書きしようかな?絵馬みたいに・・願いを込めて。」

 

     「あんなにたくさんの枚数を貼るけど・・ 0.72mgって他の薬に比べて多いの少ないの?」

   

     「病院によって、貼り方が様々だよね? 黄体補充も色々だし・・ なんで?それで違いとがが出るの?」

 

 


                      ↑ 着床前!胚盤胞のなりかけが子宮内膜と信号を送り合っている瞬間の絵です。

                       当然ながら その信号が届かない場合もあります。

                  

 

不妊治療という方法は・・卵巣の調整と、子宮内膜の調整 この2つで決まります。          (←一般不妊治療の場合)

 

体外受精ならばその2つの間にある受精・胚分割させて実際に子宮に戻す準備をする。よって3つになる。(←ART)

 

 

E2(エストロゲン製剤)であるエストラーナ・テープは、「卵巣の調整」と「子宮内膜の調整」で使われる訳です。

 

この久光製薬のメイドインジャパン製品が、たいてい移植周期の使われることは、皆様の周知の通りです。

 

 

 

移植は、次の絵↓のようにして行われます。  

 

                  ETとは初期胚移植(2日目~3日目の受精卵を△の点で、整えた子宮に戻すこと)

 

                  BTとは胚盤胞移植(5日目~6日目で胚盤胞になった受精卵を△時点で

                                               整えた子宮に戻すこと)

 

  この時「整えた子宮」というのはただ子宮内膜が厚くなったから、「よし!整った」という訳ではないです。

 

    1)受精卵と子宮内膜のシグナルがちゃんと合っていること。 (上記の赤い絵ですね。卵と内膜のにらめっこ)

 

    2)受精卵を中に受け入れる準備ができたこと。(コレはホルモン補充が始まる頃から微妙にセッティングされます)

 

    3)子宮内膜の中に、胚盤胞になり透明膜を脱いだ状態でしっかりと 浸潤してゆくこと。

                                        (オートマチックにスっと入りません)

 

          この3STEPを踏んで、着床となり胎盤形成が平行して進んでゆきます。

 

 

  上記のイラストのように

 

   E2製剤(=エストラジオールが増える薬)とP4製剤(黄体ホルモンが増える薬)の両方が必要な訳です。

 

  自然周期とHRT(ホルモン周期)でも、大きな差があります。

 

  何度か移植をしている方は、自分は自然周期が合っている。逆にHRT周期の方があっているいう「掴み」を持っていますが

 

  全くの初めてだとどちらがいいのか?病院にきっと相談される方もいると思います。

 

  

 

  化学流産までは行った人は、着床は当然しているので受精卵と子宮内膜の時間軸のタイミングが合ったということです

 

  そのプロコトルを踏襲してゆくことを先生と相談すればいいです。なぜかは? 着床をエレベータに例えて説明しています

 

  文字で理解するよりも、イメージで捉えた方が、上手く行かなかった時の理解が早いと思います。

 

  

 

  HRTの大切な点は、培養中の胚(=受精卵)のスピードと・・ 子宮内膜の変化(増殖期⇒分泌期)の同調です。

  

 

  エスカレーターで下のフロアに降りるという一連の動作をイメージしてください。

  エレベーターを大きな荷物を抱えて、下をチラチラみながら、タイミングを合わせて下のフロアに降りる。

  下のフロアが、着床です。    

 

  これがHRTの大切なポイントです。 

   ● エスカレーター= 子宮内膜の変化

   ● あなた    = 胚盤胞     当然成長スピードがある。 早いと遅い人。

   ● 巨大な荷持  = 染色体異常

   ● エレベーターの上で、バランスをとったり前を見て体制を立て直す力= 卵のDNA自己修復機能(=卵質の良さ

 

  あなたと エスカレーターの回るタイミングが合わなかったら降りられないで転んでしまいます。

 

  これが「同期」です。

  

  あなたの歩幅と エスカレーターの機械が回るリズムが一致することが「同期」です。

 

 ★★何がいいたいのか?というと体外受精はどうしても・・

  胚の発育スピードの方が、子宮内膜の変化より遅れているという事実があります。

  

  そこの卵の個人差が加わってくる。

  あなた(=胚の成長)の歩幅が「鈍臭い」・・または、エスカレーター(子宮内膜の変化)が早すぎるのどちらか。

  この場合は、妊娠率が低下します。  ⇒ 実際に着床率が低下するということ。

 

 

  

  微妙なエスカレーターの回転が出来上がってきます。

  


オートマチックなHRTだからこその難しさがある

自然周期ではしっかりとした排卵がなくては、排卵後の子宮環境が変わってしまいます。

 

またいつ排卵になるのか?仕事の調整で移植日程をコントロールする手間があるので

 

HRTは、患者さんの仕事の都合にて日程調整が出来るから便利です。また移植周期に病院に行く回数も少ないでしょう。便利です。

 

オートマチックな子宮内膜調整だからです。

 

ある意味・・オートマチックなエスカレーターだと思っていいと思います。

 

そのオートマッチはたしかにレンジが広いように作られているど、 そのレンジから外れている人もいることが悩ましい問題。

 

時代の流れで、パターン化が決まったHRTをするところもジョジョに増えてきています。 

 

本当は、オートマッチではなくて、細かいセッティングをしてほしいという人も少数ながらいます。

 

パターンからズレた方たちは、積極的に医師の相談すべきだと思っています。 どこまで個別化が可能かと。

 

         

 

HRT(ホルモン周期)は、オートマチックなエスカレーター。でも オートマチックがゆえの難しさがある。
HRT(ホルモン周期)は、オートマチックなエスカレーター

イラストで描いたように、体外の移植周期は E2製剤とP4製剤の組み合わせて「エスカレーター」のように個人に合わせて

子宮内膜を作ってゆくのですが、E2製剤とP4製剤の組み合わせによって実現させます。

 

内服薬によるHRT、 そして 貼り薬(エストラーナ)によるHRTによるHRTに分けられると思います。

 

《内服薬によるHRT》

    ●プレマリン  (経口結合型のE2製剤)

    ●ジュリナ   (経口天然型のE2製剤)

              この2つは、肝臓を循環してから子宮内膜に届きます。

              「肝初回通過効果」として腸から肝臓で循環しているにE2製剤が不活性化を受けてしまいます。

              つまりロスが生じてしまうので、一般的には内服薬ではなく

              ダイレクトに届くエストラーナをチョイスするのが多いです。

 

《貼り薬によるHRT》

    ●エストラーナ・テープ

            血中E2濃度の高さは次のようになります

 

            ① 黄体補充(P4)の前

              ジュリナ < プレマリン < エストラーナ

        

            ② 移植時 つまり黄体補充(P4)をいれてから数日立

              ジュリナ < プレマリン  < エストラーナ

 

    

 

                                   以下の図 ↓ 参照

         

           貼り薬エストラーナは、内服とは違って、肝臓を循環してから子宮内膜に届くダイレクト感があります

           つまり、「肝初回通過効果」を通さないということです。

 

           1)それは、E2の血中濃度の日内変動(日中のUPDOWNのこと)が飲み薬に比べて少ない。

           2)さらに飲み薬に比べて、静脈血栓症の増加の微リスクも少ない。

           3)ジュリナにはないが、プレマリンにはある「血液凝固亢進」の微リスクもエストラーナでは少ない。

 

           エストラーナテープがファースト・チョイスに選ばれる理由もわかると思います。

 

 《エストラーナの代謝》

            肝臓に最も多く存在している( 腎臓; 肺; 小腸. なども)シトクロムP450(CYP)と呼ばれる

            薬物代謝酵素で代謝されます。

 

            その為に、いくら「肝初回通過効果」は通さないといっても、人によってE2数値の出方に差がでるのは

            このシトクロムP450の代謝力の差があるからです。

 

            この一つの薬物酵素が、複数の薬物も競合して代謝するので

            「あれ?? なんでエストラーナからうまくE2が産生されていない」と思ったら

            複数の薬物を併用するとそれらの代謝が競合することがあるから、飲み薬を主治医の先生に聞くのが

            一番です。自分のカラダが悪いんだと思わずに疑問を飲み込まないのがいいと思います。

            肝臓は代謝の王様ですが、解毒作用もしっかりとしています。

            その解毒作用が弱いと、バッティングする薬物は飲んでいないのに、E2の出方がおかしくなることも。

 

 《グレーブフルーツ》

           

 

 

最も有名なバッティング例は,

 

グレープフルーツジュースによる CYP3A4阻害などは有名

 

こんな美味しいそうな食べ物でも起こります。

 昔 妊活にはグレープフルーツがいいとかそんな話が都市伝説のように広まりました。

         

   薬物代謝における相互作用は,なにも薬物だけでなくて、食品間でも認められます。

 

            最も有名な例は,グレープフルーツジュースによる CYP3A4阻害などは有名です。

            エストラーナテープの代謝で話した先程のシトクロムP450 (CYP) の分子種の一種がこの CYP3A4です。

 

            あの都市伝説は、たまたま、高温期にグレープフルーツをたくさん食べて

            CYP3A4阻害が原因で、毒をもって毒を制したのかもしれませんが他の再現性はできないでしょう。

            その人が何を持っていたのかわからない都市伝説だからです。

 

         

            

 

 


「体質だから・・」その意味は深い

◆日本人特有のDNA配列がある=「体質」という盲点

 

【日本人特有のDNA配列は、国際ゲノム基準の雛形とは少し違う】

 

この話をする前に・・日本人特有のDNAの配列があります。

「薬が効かなかったり」しても「体質だから・・・」と一括りにされてお茶を濁さざるを得なかった時代から、

個別医療への舵取りが今始まっています。

 

 

今をときめくNGS(短鎖技術による次世代シーケンサー)は、DNAの雛形に付きあせて調べていますが、

その雛形は、2003年のヒト・ゲノム解読完了での国際ゲノム基準です。  

 

そのDNAの雛形は、ヨーロッパ系とアフリカ系の人に由来しており、一般的な日本人に特有のDNAの変化が反映されていませんでした。

そのために本来あるべき違いが検出されなかったり、間検査があったりと問題視されていました。 これが解消されつつあります。

 

 

 

 

映画好きの方ならば、「フォトグラフ51」

(主役:ニコール・キッドマン)

を知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

DNAの二重らせん構造を、X線回析写真“フォトグラフ51”に収めた彼女が、同僚の男性学者たちに写真データを盗まれてしまい、。

歴史に残る大発見をしておきながらノーベル賞を受賞することなく、38歳という若さで実験でたくさんのX線を浴びて卵巣ガンのため他界した、薄幸な彼女の物語が映画の内容でした。

 

今も・・彼女の功績は、日本人特有のDNA鑑定に息づいています

 


 

  今回はHRT(ホルモン補充)の記事でしたが・・ 

 

  「過去にその薬が効かなかった」という事実はこれからの体外受精の治療を組み立てる時の

 

  有力な情報になるということを覚えておいて下さい。

 

 

 

  全部スムーズで何も問題が一切なかった人が、妊娠しないという苦しみは計り知れないです。

 

  新しい検査や最新の医療を散々して、それでも妊娠しない人こそ、「体質」というものを科学的にみてみるとよいと思います。

 

  科学とは、データ!データ!と考えがちですが皆様が心配している黄体機能は「副腎機能」によるものも大きいです。

 

  副腎機能は、心因性と日内リズム(=より良き睡眠)にかなり影響をうけます。

 

  ストレスがカラダに影響することを忘れないでください。

 

  

   

 

 

  このHPの記事をすぐ閉じるのも・・また 最高の治療の一つかも知れません。

 

  スマホ依存は・・精神的によくはないです。

 

  無料の問い合わせ窓口も当社では開いておりますので、気軽にご利用ください。