· 

花と長与千種の親子 // 偉大なる実験室(in Vitro)古代ローマの失敗を繰り返さない。

 

とても心が痛むニュースがあったので・・この写真をupさせてください。

 

木村花さんの死に対してお悔やみを真摯に申し上げます。

そして 今回のようなことが繰り返されないことを望みます。

 

 

元女子プロレスラーの長与千種(55歳)さんが、まるで自分の子供の死を痛むように

 

女子プロレスラー・木村花さん(享年22)の死を悼むと共に、

木村さんがSNSで誹謗中傷を受けていたことに猛反撃しています。

 

長与さんからみると、花さんはまるで娘のようだった思います。

 33歳でお子様を生んだら ちょうど22歳の娘がいてもおかしくないです。

 そして、結婚とする人生を選ばなかったから 大好きなプロレスで後輩たちは子供のように可愛く

 厳しくそして愛をもって育ててきたと容易に想像ができます。 

 

僕も、長与さんのコメントでぐっと心が締め付けらえる思いがしました。

 

「親はねいつだって無償で子を守るし、悪ければ本気で平手打ちもする。

 

なぜならば幸せになってほしい願いを込めて死ぬ思いで産み育てるんだから。

 

母親の気持ち…わからんか?今が、わからんか?テレビの中に迷い込んだキミらが、人を殺めた主役だぞ!狂ってるわ。

入り込んだ殺め人の責任は?」

 

◆ スピード感のある対応を国に求めます。<<SNS誹謗中傷禁止&罰則条例>

 

これから母親になろうとしているこのブログの読者の方には、いつか子供を産んで育てる時がきたら

 

皆様が皆様の母親に与えられた「愛」を与えてあげてください。 

自分が受けた愛を 今度は・・そこまで子供に与えられないかも知れないからです。

 

そして、子供に・・良いことと悪いことの区別(分別)を教えてあげてくださいませ。 

 

 SNSの誹謗中傷を取り締まる法律が、一日も完備することを願っています。 

そうしたスピード感のある政策は大事だと思います。

 

 

 

 

◆今回のブログ記事のテーマは、 

 

「人類が経験することは全部、すでに古代のローマにおいて経験してしまっている。

    だから、ローマ史というのは ある意味、歴史ないし社会科学の壮大な実験室だといえる。」

 

  偉大なる実験室であった古代ローマの失敗を 繰りかえざす、
  人に寛容ある社会をみんな望まないと またローマのようになる。

 

 

////////////////////////////////////////////////////

 

Q: 平和と経済的繁栄が継続すると 

   なぜ?人の心は退廃してくるのか?

 

この事件もそうですが、最近の日本人の明らかモラルの低下が露出しているように思われます。

 

心を痛めるが、これ今回のコロナ渦でのみんな困っている最中に起こったことです。

 

私は世界史が好きなので古代ローマ史から学んだことを書きますね。  

 

この2つの言葉を皆様に伝えたいと思います。  

 

 

 

 

1)人間社会は繁栄すると必ず退廃してゆく。

 

2)ローマの歴史の中には人類の経験の全てが詰まっている。  

               (これは政治思想史学者の故・丸山眞男さんの言葉です)

  

  >>繁栄すると傲慢になり、トップのモラルが低下してゆくのでそれが下々の我々まで

     TOP DOWNで降りてくる。

 

     そして 社会全体モラルが低下する。

    

 

    特にユニークなのは・・ローマでもそうだったように モラルが低下してゆくとともに、

    人々が優しくなってゆく。

    現在 世界中が・・コロナでみんなが苦しんでいる。

 

 

    逆をかえせば コロナは人の心を結果的に修正しようしているのかも知れない。

   

   でも、表面的な意味での「優しさ」だったら

  意味がない!

    本当の優しさでないと・・意味がない。

 

    丸山眞男さんの言葉で印象的だったのは

   「人類が経験することは全部、すでに古代のローマにおいて経験してしまっている。

    だから、ローマ史というのは ある意味、歴史ないし社会科学の壮大な実験室だといえる。」

 

   体外で挙児希望の皆様に通じるように言うならば

   「in vitro(イン・ビトロ)」でしょうか?

 

   in vitro(イン・ビトロ)とは、“試験管内での”という意味で、

   試験管や培養器などの中でヒトや動物の組織を用いて、

  体内と同様の環境を人工的に作り、薬物の反応を検出する試験のこと。

 

  

 

  そして 私たちはローマの実験室の失敗を 学ばなかった。 

  だから同じようなことを リアルの社会で何度でもやってしまう。

 

  in vivo(つまり in vitroの逆の概念)の生体で エラーを繰り返してしまいます。

 

  エラーとか可愛い言葉ではない、 人を殺めてしまうことを何度繰り返してしまう。

  間接的も直接的も。でも・・人が死ぬことは変わらない。

   

 

◆ 本当の優しさとは何か?

 

  >>自分というものをキチンと持った人による、周りに対して寛容さ。

 

  裏返せば、今の社会は寛容さが全くない。

 

  相手が痛いということが自分の痛みで想像できないから、一線を超えてしまう。

 

  言葉の暴力と素手の暴力が、人を死に追いやることを私たちは学ぶべきだと思います。

 

  小さなところからと   大きなところ(政治と経済)からの両方からアプローチして・・・、

  ローマの失敗を学ぶべきだと思うのです。

 

  偉大なる実験室( in vitro)であった古代ローマの失敗を繰り返さないことを 

  2020年の5月現在の日本の治世者に求めたいです。

 

  8億円を無駄に使った「小さなマスク」をしているあの方へ言いたいです。

 

  

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

銀座PIOART相談室

   ―  会員制ART医療サービス  ―             

 

 

〒104-0061 中央区銀座2丁目14-15  アヴァンティーク銀座2丁目弐番館 801号室

 

【アクセス】 

                東銀座駅(日比谷線・都営浅草線)   徒歩3分  

                 A7 出口

                銀座1丁目駅(有楽町線)         徒歩5分

                 A11 出口

         銀座駅(日比谷線・銀座線・丸の内線)徒歩6分 

                 A12 出口

 

【公式HP】   https://www.pio-art-counseling.com/

 

【公式ブログ】 blog-smiling

 

【アメブロ】   銀座PIO-ART(体外受精) 相談室BLOG

 

 

【営業時間】 11:00~20:30  【定休日】 日曜日

 

【オフィス電話】   03  -6320-7694

 

【CONCEPT】

 

  ☑ ART医療の細部のカスタマイズ

 

 ☑ ホルモン分析Conference

 

 ☑ 薬剤の医療情報の提供

 

 

                  PIOART