脂肪酸オメガ3・6・9の法則


  

良質のコレステロールは、生命を維持するために必要な栄養素です。だから 性ステロイドホルモンになってゆきます。

 

採卵でE2が上がらなくなったとか、脂質代謝の川の流れがスムーズに流れなくなった時には、

もう一度 良質の脂肪酸を摂取するようにするのがいいと思います。

 

上のイラストをご覧下さい。 数字が書かれたミーがいます。

 

最初はオメガ3の脂肪酸の化学式から 「ミーの爆弾」がしかけられているオワリから3番めの二重結合があることから

細かいことを書こうとしたのですが・・クドくなるのでやめました。

 

食べ物を科学的にかけば書くほど、なんかサプリや油の宣伝みたくなるし、美味しそうに見えないんですね。

それで、オメガ3・オメガ6・オメガ9はなぜ? 3・6・9の数字がついているのだろう?ということ書きます。

 

 

【オメガの意味は?】

 

ちなみにオメガとはω、Ω、OMEGA とか色々な表記がありますが「終わり」という意味です。

終わりがあるならば、最初(スタート)がある訳で、それが書かれたのが化学式です。左から右に走ります。

 

 これは新薬聖書の「ヨハネの黙示録」からの引用のあるギリシャ語のアルファベットです。

「事は成就した。わたしはアルファであり,オメガである。最初であり,最後である。」 (ヨハネ黙示録  21:6)

 

 

 


◆Ω3(オメガ3)の意味

n-3系脂肪酸 =オメガ3脂肪酸

 

オメガ3系脂肪酸はαリノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)です。

 

食事における主要なALA源は植物油、特にキャノーラ油および大豆油です。亜麻仁油は大豆油やキャノーラ油よりもALAが豊富ですが、

一般的ではありません。ALAは、通常少量が体内でEPAやDHAに変換されます。

EPAおよびDHAは脂肪の多い魚(サケ、マグロ、マスなど)や

貝類・甲殻類(カニ、ムール貝、カキなど)などの海産物に含有されています。

 

サプリメントとして飲んでいられる方もいると思いますが、オメガ3を含有しているものには魚油(EPAおよびDHAを供給)および亜麻仁油(ALAを供給)があります。ちなみに藻類油は菜食主義者のDHA源となります。

 

オメガ3系脂肪酸は、筋活動、血液凝固、消化、生殖能力、細胞の分裂および成長など多くの身体機能にとって重要です。

DHAは脳の発達および機能にとって重要です。

ALAは「必須」脂肪酸で、ヒトの体内では産生できないため、食品(または補助的にはサプリメント)から摂取する必要があります。

 

《注意すべきこと》

 

オメガ3のサプリを飲んでる方へ。

オメガ3サプリメントは血液凝固に影響する薬物との相互作用が認められる可能性がありますので、アスピリン等の薬を内服している周期

は、サプリを外して食事のみから「オメガ3」をバランスよく摂取することをオススメします。

 

理由】オメガ3サプリメントは出血時間(切り傷の出血が止まるまでの時間)を延長させる可能性があるからです。

 

    抗凝固薬(抗凝血薬)や非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)など出血時間に影響するからです。

 

《ミーのいる場所に注目》

 

「オメガ3」の食用油をしばらく前にスーパーで買って、冷蔵庫に入れている人は、開けて「匂い」を嗅いでみてください。

「う・・ 臭いですか?」

 

それは、爆弾が爆発しているので匂いが出てります。上のイラストのミーが爆弾を破裂させました。

 

化学配列の「終わり」であるオメガから数えて3番目に、爆弾をかかえたミーがいる。

つまり二重結合があるからオメガ3と呼びます。n-3系脂肪酸です。カラダの中では産生出来ませんと先ほども申しました。

 

             ※ 正確にいうと、3番めのところに爆弾が1個あるのではなく、そこから爆弾畑がはじまるという意味です。

                   爆弾が1個だけなのはΩ9(後述)だけです。爆弾が1個だからΩ9は一価不飽和脂肪酸なのです。

 

臭い容器にパッケージには、「オメガ3系脂肪酸のDHA云々」とか書かれていると思いますが

加熱する料理に使えない、熱を浴びたり光を浴びたりするとすぐ酸化してしまう弱い油ががオメガ3。

 

 

POINT! 弱さがある=何か大切なものを持っているから、壊れることで何を守っているという考えを抱いてみてください。

     この考えは、ページの後半で意味をもちます。

 

 

 

 


◆Ω6(オメガ6)の意味

n-6系脂肪酸 =オメガ6脂肪酸

化学配列の「終わり」であるオメガから数えて6番目に、爆弾をかかえたミーがいる。つまり二重結合があるからオメガ6と呼びます。

                                 Ω6もΩ3同様に・・カラダの中では産生出来ません。

 

では・・爆弾をかかえたミーはどこにいるのか?というと 上の絵をみてもらえるとわかり易いと思います。

 


◆Ω9(オメガ9)の意味

n-9系脂肪酸 =オメガ9脂肪酸

化学配列の「終わり」であるオメガから数えて9番目に、爆弾をかかえたミーがいる。つまり二重結合があるからオメガ9と呼びます。

 

絵は書かないですが、想像してみてください。 

イメージを持つのは大事なので、Ω9はオリーブ油だと思ってください。

 

このΩ9が、生殖のキーマンになってくる特別なΩだと思ってください。

でも テレビのサプリCMや、新聞雑誌は、次のオメガ6とオメガ3のバランスの話ばかりですよね?

カラダの中で作らないという口説き文句で、訴えかけてきます。

 

正しい知識をもっておくのは大事なので・・少し斜めに構えたミーのキャラにように学んでいって下さい。

 

 


オメガ6とオメガ3の摂取バランスが大事

Q: その前に現在地点を、整理しましょう。地図のどこの話?!

 

   《図の解説》 脂質代謝を「母なる川」となぞえてのイラストになりますが、縦の棒を境界線にして、世界が変わります。

 

          ★左サイド: 祖母なるホルモン(プログネノロン)から来る「P4代謝系

  

          ☆右サイド: 母なるホルモン(DHEA)から「E2代謝系」  

 

       A:今回の脂肪酸オメガ3・6・9の話は、源流あたりの話なります。

            本流はどこか?になるので

              母なるホルモンの本家である祖母の家系の話です。

          

 

 

脂肪酸の中には私達が生体内で作ることができない脂肪酸があり、それを「必須脂肪酸と」呼びます。

必須脂肪酸にはリノール酸、α-リノレン酸、アラキドン酸があります。

        ↓       ↓

       オメガ6    オメガ3  

必須脂肪酸はいずれも多価不飽和脂肪酸であるため、構造中に二重結合を持ちます(イラストで言った爆弾をもったミーがいるところ)

爆弾が奥であるオメガから何番目か?によってn-6系(=オメガ6)とn-3系(=オメガ3)の2種類に分類できます。  

 

 

では?必須脂肪酸は体内でどのような働きをするのでしょうか?

これらの必須脂肪酸は体の中で、生理機能やそれ以外にも特殊な生理機能を持ちます。

また、オメガ6とオメガ3ではそれぞれ異なった働きをするために、どちらの系の脂肪酸をどのような割合で摂取するかによって、

健康に与える影響が大きく異なってきます。

 

 

 

 

コントロール

         ?!


【結論】

オメガ6系の摂取を減らすこともさることながらオメガ3系の摂取を増やすことがリスクの低減をもたらすことになります。

この対応は、心血管の健康を改善することができる唯一の、そしてもっとも有効な食事対応策であることが報告されています。

 

 

【不妊治療の方へ】

心疾患ばかりではなく、不妊治療中の方で不育症の検査である凝固性因子でひっかかった人や、 

採卵でうまくE2があがなくなってしまった人などは

 

もう一度、オメガ3とオメガ6のバランス(n-6/n-3比)を日々の生活の中で見直すのが必要です

 

 また、仮設ではあるのですが、”オメガ9が、Ω6とΩ3をコントールしていると私は考えております。

    そのために、オメガ9の本当の意味を知り、3つのバランスをとるのがいいと思います。

 

    後半にその根拠を綴っています。

 

 


脂肪酸の分類図

 

 

 

Ω3・Ω6・Ω9は、爆弾がある不飽和脂肪酸です。 それ以外の2つを最初にみましょう。

 

《飽和脂肪酸》

爆弾がないのは、「飽和脂肪酸」なのですが、こればかり食べているとどうなるか?想像してみて下さい。

毎日 ステーキにバターをたっぷり塗って食していると?・・ 

体質が日本人なのにチーズフォンデュを週に2日主食にしていると? 違った意味で飽和してしまいます。

 

 

《トランス脂肪酸》

トランス脂肪酸は、アメリカでは禁止になりましたね。日本への輸出は問題ないのでしょうね。

日本人がトランス脂肪酸を摂取しすぎでも関係ないからでしょうか?

 

  ショートケーキ! お好きですか? ショートケーキの「ショート」はショートニングの意味です。

外食の天ぷらと家で作った天ぷらの熱の力って違いますよね。 ショートニングは、熱につよく美味しくできます。

化学式の配列とかでみるとグンニャリと曲がっています。 だから人を虜にするのでしょう。

 

旦那さまが、昼飯ランチを天丼屋からそば屋にかえてダイエットしたとかの話しも、ショートニングを断った効果の一つです。

美味しいものほど、あとで代償が高くなるので気をつけて下さい。

 

 

以上2つの残りが「不飽和脂肪酸」です。 

     多価とは・・脆い爆弾が2個以上あることを示し、   Ω3・Ω6      この2つですね。

     一価とは・・  それが1個だけあることを示します。      Ω9    この1つだけですね。

 

 

 

体内で作れないΩ3

 オメガ3の油は増やそうね!!

 

《理由》

オメガ3系の摂取を増やすことが

心血管の健康を改善することができる

唯一の、そしてもっとも有効な食事対応策だから。

 

      ☆  ☆  ☆

 

青背魚に含まれるEPAやDHA、亜麻仁油や

エゴマ油に含まれる「αーリノレン酸」は

LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を

さげるの働きがある。

 

身近なナッツだと「くるみ」ですね。

体内で作れないΩ6

オメガ6の油は減らそうね!!

 

《理由》

現在の生活習慣病全般は、

ほとんどがオメガ6系高度不飽和脂肪酸(ほとんどはリノール酸)の過剰摂取に起因するものだから。

 

       ☆  ☆  ☆

 

コーン油・ゴマ油・大豆油などに含まれる

「リノール酸」は、LDL(悪玉)コレステロールを下げるが、HDL(善玉)コレステロールも下げることもあるから

 

 

 

体内でも作れるΩ9

 

科学的には、オリーブオイル・キャノーラ油などに含まれる「リノール酸」で

LDL(悪玉)コレステロールを下げるのが

このΩ9ですが・・

 

 

 

 

     ☆  ☆  ☆

 

 本当にそれだけですか?

 ここは、生命の不思議になります。

 

現代の科学ではまだ解明されていないモノはたくさんあります。



◆仮説:Ω9はΩ3とΩ6をコントロールしている?

 

 

   細胞はとても、神秘的であり解明できないものがたくさんあります。

   

   ディズニーの「ピノキオ」の映画も元になった物語は旧約聖書の「ヨナ記」です。

   旧約聖書は、歴史が古く紀元前のはるか昔から書かれてきたものです。キリストが生まれる前です。

   人を魅惑してやまないストーリーには、こうしたユダヤ文化の流れがあります。

   「未知との遭遇」の映画を作ったユダヤ人のスティーブ・スピルバーグ監督も所々に「ピノキオ=

    ヨナの物語」を登場させてました。

 

   AD70年にローマによって滅ぼされたエルサレム。当時いたユダヤ人が散り散りなり

   イスラエルの建国の願いが叶ったのは1948年です。

    ユダヤの文化が凄い力を持つことは、皆様も周知の通りです。

 

   そして、数字には不思議な力があります。そんな科学ミステリーの話です。

 

 

 

 

ゲッセマネのオリーブの木( エルサレム )
ゲッセマネのオリーブの木( エルサレム )

 

 

この木・・なんだかわかりますか?

 

オリーブの木です。Ω9!

 

イスラエスのゲッセマネの園にあるオリーブ木です。

イエスがユダヤ人に捉えられた場所です。

 

ユダヤ人にとって・・オリーブの木はシンボルそのものです。

 

 

 

 

 

 

ー オリーブの木 ー

 

 私は聖地旅行が好きなのでイスラエルは大好きなのですが・・ゲッセマネの園には世界中から来た観光客が祈りをしています。

 

 先程、オリーブは「復活」を意味する。オリーブを例にあげたのはオメガ9の代表は、青魚とオリーブだからです。

 皆様、「木」をイメージしてみてください。近所の切り倒された木を。

 普通の木は、切り倒させれたら、おしまいですよね?!

 ところが、オリーブという木は、伐採された後で、その切り株から新芽が出て枝になって「実」を結びます。

 

 また、切り株を「挿し木」にすることによって、新たな木として再生することが出来ます。復活できる訳です。

 日本人のシンボルは「サクラ」ですが、ユダヤ人のシンボルは「オリーブの木」なのです。

 

 復活・再生のストーリーは下の話である「ピノキオ」の原作でもテーマになっています。

 

 

 

ヨナ・ピノキオ時間が、あなたにある。
ヨナ・ピノキオ時間が、あなたにある。

※ ピノキオとヨナ記の話は、当社のblogにも書きました。

      

    ディズニー✕旧約聖書の話も含めて

    治療で沈んだ方が元気がでるようにと。

     

                                   blogテーマ:「ヨナ・ピノキオ時間が、あなたにある

                        ↑ CLICK

      


FOR MEMBERS

★ 無料記事では、一般的な栄養の話でしたが・・

     Members記事では、より体質やホルモンの反応に合わせた栄養指導の話をしていきます。

 

 Memberの方には・・

 

上記のイラスト「排卵誘発から胚分割(培養)を経て、着床までのメカニズム」を4つのパーツ分けて、

詳細を説明してゆきます。 (文字でも絵でもCLICKすると当該ページへリンク)

 

無料記事では、自然周期(排卵誘発剤を使用をしない場合)のみの記述でした。

皆様が通われているクリニックでは低刺激でも誘発剤の使用はある方がほとんどなので

 

自分のホルモンと反応と、薬によるホルモンの反応の両方を複合的に考えないといけない訳です。

栄養の話も、脂質代謝や糖代謝などを総合的に組み込んで、対策を練ってゆきます。

 

 

銀座PIO-体外受精(ART)相談室、 不妊治療クリニック相談 
★ クリック: TOPページに戻る!

私は「患者力」を鍛えるという表現を私は使っていますが・・・

この習得に必要なのは、3つ。

 

① 頭の中にフレームワークを作ってしまうこと

② 根本原因を追求する姿勢を持ち、常に医師に確認すること。

③ そしてインプットとアウトプットを繰り返すことで身につきます。

 

これらは、ただ漫然と検査を見ていても身に付きません。

患者さん自身が、意識して訓練することが必要です。その助けをしてゆきます。

最初はよくわからなかった主治医の意図が読めるようになる為に、

患者さんもDr.にも双方にとって効率的な関係を築くことができるようになります。

 

その結果、最短のルートで双方にとってよいGOALを目指すことが出来ます。

 

 

 

 このシステムとの出会いが、皆様にとって「ターニング・ポイント」になって頂ければ倖いです。

  

    ページリンク            注) 会員様で「PASS WORD」を忘れてしまったかはメール連絡を下さい。

   _________                                メールにて再発行いたします。

 

     排卵誘発《会員限定》  : 自分のホルモンと、誘発剤によるホルモンの反応とWでみる卵巣機能 

 

   ・採卵       《会員限定》    :       卵胞の成長 と 卵子の成熟(MⅡ・MⅠ・GV・D そして空砲)

 

   ・培養       《会員限定》    :  胚分割(前核の形成、融合、 初期胚から分化を経て胚盤胞)

 

   ・移植       《会員限定》    :  胚盤胞の着床、子宮環境

卵巣機能の働きのページ ホルモン基準値
採卵のページ、卵胞の成長と卵子の成熟のメカニズム
初期胚移植(ET)  胚盤胞移植(BT) BT5フライング 判定