今回のテーマは 「体外受精で採卵20回以上の世界・・正常胚獲得の為の・・勝利の方程式」 さて・・当社のメンバーさまで Conferenceを受けている方は、なんとなく自分の排卵クセを掴んでいるとと思います。 「排卵のクセ」って具体的にはなんでしょうか? 私とのメールで数値の話をやりとりしている方は、私が例にあげる「例え話」を...
「採卵は出来るのに、移植が出来ない」こうした悩みを持つ人は非常に多いです。なぜなのでしょうか?排卵誘発の結果は「未熟卵(GV、MⅠ)」と「成熟卵(MⅡ)」しかないと思っていませんか?その先に「過熟卵」があります。刺激が足りないからすべて未熟卵になる訳ではないです。刺激をいれてても未熟に終わり、刺激が弱いから当然未熟になる。 そのあたりの排卵に向かう卵胞内の卵子の「炎症不足」「炎症良好」「過炎症」のメカニズムを・・羽つきカリカリ餃子の焼き方で説明します。不妊治療は実は難しくないです。自分の炎症度を知りさえすれば。
「偉人がシェフのレストラン=クセのあるカリスマ医のいるクリニック」です。クリニックから「お前はもう来るな!」と三行半を激怒の中で叩き釣れられたにも関わらず・・ 体外受精46歳で出産した方の稀有なクリニック物語。偉人がシェフのレストランは、クセのあるカリスマ医のいるクリニックに似ています。万人の口に合う料理はないです。 そして 料理を食べる方もいつでもその料理が口にあうとは限らない。 クリニックも同じですね。この方は医師の人間性に腹を立てたけど・その医師の出す料理には頭を下げた。それが46歳初産の成功の秘訣でした。旦那の様の協力が、裏目に出たという奇想天外な物語です。
不妊治療が長くなってきた患者さんたちを見て思うこと・・・ ネットで散乱している情報に振り回されて 頭でっかちになっている人が多いです。 クレバーな方にはよくある習性です。 悪いこととは一概に言えないのです・・ 自分のバイアスで自分を苦しめていることに気がつかない人がいます。 偉そうなことを言うつもりはないことをご理解ください。...
筆不精な私の・・メルマガをいつも読んで下さって誠にありがとうございます。 この度、 メルマガ配信のステーションを今日から変更させて頂きました。 (旧) まぐまぐ  ↓ (新) メルマ したがって、以下の登録フォーマットからお手数ですが      再度、「メルアドの登録」をしてください。
 副題: オーダーメイド治療の甘い誘惑
「黄体」というと・・・排卵して卵胞が黄体になった後にそこから分泌されるホルモンがP4つまり黄体ホルモンと思っている方が多いので、「黄体機能不全」は高温期にしか存在しないと間違った知識を持ちがちです。でも実際は、黄体機能不全は 低温期・排卵期・高温期に全てにわたって存在しています。例えば、低温期に少し血流が悪くて・・血流をよくする薬をもらいました。これも黄体機能不全にないます。高温期でのP4チェックだけで、「あなたは、黄体機能不全です」と言うことは正しくはないので、最近はこの「黄体機能不全」という大きな風呂敷で疾患を表現することが少なくなりました。
結果が悪かった時に、うちの相談室に電話をしてこられる方が殆どです。  判定日とか、採卵日(DやEなどで採卵が出来なかった等) また、過去の採卵でなんども 変性卵(D)や空砲(E)を経験してことがある方などは  途中で数値がおかしいと思って、こちらに電話してくる方もいます。...
赤ちゃんの「知恵熱」があるように、プレママにも「知恵熱」がある。 これからから何か大きな変化がある時に、赤ちゃんだったら半年あたりからおすわりができたり、ハイハイができるようになる時に、出す熱が知恵熱。 今まで天井しか見れなかった過去から、周りの景色が水平に見えたり、移動できるようになるのは天変地異です。同じように体外受精でも、今までなんだかよくわからないまま進めていたのに、自分の置かれているところや状況がわかり、さらに先を見渡せるようになると・・プレママだからこそ「知恵熱」も出ます。これから起こる劇的な変化の前には、熱もでます。嬉しい熱です。
 私はアスリートで頑張っている方が好きなので・・上野由岐子さん(1982年生)の強烈に「重い球」を例に  卵胞の発育を説明しようと思います。  ソフトボールに疎い人の為に、スポーツ新聞の見出しを例に・・「神様、仏様、上野様」 覚えている方もいるかも知れません。...

さらに表示する