カテゴリ:凍結胚盤胞移植



こんなに頑張っているのに全く上手くいかない(体外受精/採卵・移植)と思っている方へ
今年も残りわずかです。 もっとも年末年始で、クリニックは走っているところもあるので・・ 患者さん同様に私の方も年末年始は無休です。 今年は色々とclientの皆さまから質問をうけました。 うちは難治性の方がメインなので・・luckyな妊娠というのはあまりなくて、 分析をしてそれをclientに説明すると それを納得して安心感をもって頂いています。...
「採卵は出来るのに、移植が出来ない」こうした悩みを持つ人は非常に多いです。なぜなのでしょうか?排卵誘発の結果は「未熟卵(GV、MⅠ)」と「成熟卵(MⅡ)」しかないと思っていませんか?その先に「過熟卵」があります。刺激が足りないからすべて未熟卵になる訳ではないです。刺激をいれてても未熟に終わり、刺激が弱いから当然未熟になる。 そのあたりの排卵に向かう卵胞内の卵子の「炎症不足」「炎症良好」「過炎症」のメカニズムを・・羽つきカリカリ餃子の焼き方で説明します。不妊治療は実は難しくないです。自分の炎症度を知りさえすれば。
「偉人がシェフのレストラン=クセのあるカリスマ医のいるクリニック」です。クリニックから「お前はもう来るな!」と三行半を激怒の中で叩き釣れられたにも関わらず・・ 体外受精46歳で出産した方の稀有なクリニック物語。偉人がシェフのレストランは、クセのあるカリスマ医のいるクリニックに似ています。万人の口に合う料理はないです。 そして 料理を食べる方もいつでもその料理が口にあうとは限らない。 クリニックも同じですね。この方は医師の人間性に腹を立てたけど・その医師の出す料理には頭を下げた。それが46歳初産の成功の秘訣でした。旦那の様の協力が、裏目に出たという奇想天外な物語です。
 副題: オーダーメイド治療の甘い誘惑
赤ちゃんの「知恵熱」があるように、プレママにも「知恵熱」がある。 これからから何か大きな変化がある時に、赤ちゃんだったら半年あたりからおすわりができたり、ハイハイができるようになる時に、出す熱が知恵熱。 今まで天井しか見れなかった過去から、周りの景色が水平に見えたり、移動できるようになるのは天変地異です。同じように体外受精でも、今までなんだかよくわからないまま進めていたのに、自分の置かれているところや状況がわかり、さらに先を見渡せるようになると・・プレママだからこそ「知恵熱」も出ます。これから起こる劇的な変化の前には、熱もでます。嬉しい熱です。
この度、2018年8月15日に東京銀座に培養士による体外受精相談室をOPENする運びになりました。2008年の創業(さいたま川越)から10年間で延べ2万1千人の方をみてきました。体外受精で最高の医療を主治医から引き出すには「患者力」がいる。患者力の差が、医師力を引き出します。「あたらしい地図」、現在進行形でもって、主治医の先生と相談に向き合って下さい。