カテゴリ:判定日



体外受精をしているといろいろな試練が振ってきます。 ・NGSですごくグレードのいい良好胚が全部 染色体異常だったとか ・万全の準備をしていたら仕事の都合でどうしても日本のクリニックに飛べないとか ・これから採卵をやろうとおもったら、橋本病がバセドウ病に転じているとか ・コロナ後に旦那さまがリストラにあって 体外は一時 棚上げにならざるを得ないとか・・ さまざまな試練が、振ってくると時があります。 そのような時は・・ 「思い込みを外してくださませ。」 門そのものは、デカイだけで開いているそうです。
より良い正常胚の胚盤胞を作る為に・・必要なものは色々なステップがあります。 それは文字通り 夫婦で作るもの。 採卵時の精子所見 とても大事・・「そんなのはわかってる」 という奥様がいる。正解です。 受精が異常だった・・・ 「だんなか?私か・・?」と。その葛藤もよくわかります。 それをかなり深く落とし込むConferenceをしている時とき...
 副題: オーダーメイド治療の甘い誘惑