カテゴリ:高刺激



排卵には二つの顔があります。①卵胞の成長×卵子の成熟 ②炎症作用(プロスタグランディンとコルチゾールのツー・タッグによる適度な炎症) この2面性が必要です。治療中の方は、①の面ばかりをみており、②をあまり意識していません。つまりLHと炎症作用がないと排卵はしません。炎症作用はOHSSや空胞、そして変性卵の理由を知る為には必要です。生理痛も炎症作用のプロスタグランディンが原因。それに対して抗炎症作用で「炎症」を抑えるのがコルチゾール。 両者にはメリットもあれば、デメリットもあります。それを説明します。前者はPG産生過程において、「活性酸素」を産出し、後者は「血糖値」を上昇させてしまう弱点もあるのですが、人が生きる為に必要だからこの世に存在しています。